つばさ福祉会 採用特設サイト 愛されている実感!子どもと一緒に創る対話保育 つばさ福祉会 採用特設サイト 愛されている実感!子どもと一緒に創る対話保育

私たちは全国の保育者、
保育学生さん応援メディア
「つばさクラブ」を運営中!
保育のお役立ちコンテンツを
毎日投稿!
保育・人間関係・
学校での悩みなど、
LINE相談もおこなっています!

役立ち情報を発信中

@hoiku_tsubasa_club

つばさクラブはこちらから!
お気軽にフォローください!

ABOUT US 私たちについて

東京・宮崎・福岡で保育施設・介護施設を運営している法人です。
子どもには「愛されている実感」を、仲間とは「心地よい関係」を。
子どもも職員も保護者も、一人ひとり違う
「特別な存在」であることを知り、
お互いを受容して助け合い、支え合い、学び合う関係を
日々創造し続けています。
令和13年度にはついに創立100周年。
その頂を目指し、これからのつばさ福祉会を一緒につくり上げていく
“新しい仲間”を求めています。
子ども主体の保育、とことん子どもと話し合う
「対話保育」に興味のある方、
おうちのような保育園で一緒に働いてみませんか?

MESSAGE メッセージ

対話保育について

『対話保育』とは、子どもたち一人ひとりと対話をおこない、子どものひとつひとつの言葉を大切する本当の「子ども主体」の保育のことです。

つばさ福祉会の目指す保育は、子どもの興味や好奇心から湧き出る「知りたい」や「やってみたい」という意欲(内的動機づけ)を活かし、子どもと大人が一緒に「つくる」保育です。そのためプログラム的な保育はありません。

実際、当法人の保育園では、子どもたちに「何がしたいかな?」と問いかけることから一日が始まります。子どもたち自身が「これがやりたい!」を自分で考え、選び、行動できるように寄り添うことで、一人ひとりの健やかな発育と自主性・創造性を育んでいます。

子ども自身が興味関心を持って取り組む活動は、自発性や行動力、集中力など様々な面で発育を促し、「学ぶチカラ」が育てます。目の輝きや表情も、大人が決めたプログラムを実行する時とは驚くほど違います。

詳しく見る

私たちと一緒に
働きませんか?

私たちは、日々の対話こそが保育を創っていくきっかけになると考えています。行事やカリキュラムで主体性を育むのではなく、日々の保育を大切にし、子どもの想いを受け止めることで自己肯定観を育みます。

年間行事は極力少なくしており、子どもたちが予定に縛られないようにしています。対話しながら、子ども自身が内容を考え、その準備も子どもたちが話し合って行なうので、行事は日々の保育の延長線にあると考えています。遠足にも目的があり、その果たしたい目的のために子どもたちは保育士や栄養士、保護者とも対話して、「いつ」「何を」「どうするか」を決めていきます。大人はワクワクしながら、子どもをサポートし、楽しく保育を創っていきます。

原則的に全クラスで「正職員による複数担任制」を採用しており、一般の園よりも多くの職員を配置しています。これによって、園児ひとりひとりの興味や関心に寄り添えるほか、日中でも書類作成などの事務作業で現場を抜けたり、研修参加や有給休暇の取得をしやすくしたり、といった工夫を職員同士が対話してさまざまに工夫しています。

もしあなたが、子どもひとり一人に寄り添ってじっくり保育が出来る環境で働きたいなら、つばさ福祉会の各園はピッタリの職場ですよ!

詳しく見る

POINT 実際の対話保育を見てみよう! POINT 実際の対話保育を見てみよう!

遊び

《虫取りがしたい》という意見があれば、保育者から「虫はどこに住んでいると思う?どうやったら見つけられる?」などと問いかけます。子どもたちに対話・協力を促します。虫取りに行く場所や必要な道具は何かを考えてもらい、分からないことは図鑑やパソコンで調べたり、保護者へ聞いたりしてもらいます。

5歳児

赤ちゃんの成長発達に興味・関心がある年長児が「お世話をしたい、育ててみたい」という思いから、園内にいる鈴虫の飼育員に立候補をしてくれました。他にも一緒にお世話をしてくれる子を募り、鈴虫の飼い方を友だちや保育者と一緒に調べたりしながら、その過程を「すずむしノート」に記録しています。

5歳児

「ラーメンを作りたい!」という意見から布や毛糸でラーメンを作りました。その後、「次は本物を作って食べたい」と提案があったため、中華料理屋に行って作り方を取材、材料を揃え栄養士と豚骨スープづくりを行いました。3か月後には保護者を招いて、子どもだけで調理・運営するラーメン屋さんを開店しました!

3歳児

お寿司屋さんごっこで朝から盛り上がる子どもたち。保育士がさりげなく用意しておいたメニューを発見すると「どのお寿司が食べたい?」「ご注文は?」と、お寿司屋さんとお客さんのやりとりが始まりました。その後、お寿司づくりのための材料や素材を環境に整えると、ますます遊びが広がりました。

2歳児

遊びからお集まりへの場面転換で、遊びをなかなか終わりにすることができない子がいました。保育者が「お集まりで今日したことをみんなに発表してみる?」と提案すると遊びに区切りを付け参加できるようになりました。保育者との対話で自分の伝えたいことを発表し、お友達にも見せられたことで満足していました。

幼児クラス

玄関で栽培しているトマトが赤く実ってきたことに気付いた幼児クラスの子どもたちが収穫体験。部屋で「トマトの中はどうなってる?」と興味がわき、保育者とともに包丁を使って切ってみると中のドロッとした実や種に驚いたり、指で触れてみる姿が見られ、トマトの種を調べる事に発展しました。

1人ひとりのお誕生日会

お誕生日会は合同ではなく、ひとり一人の誕生日を個別にお祝いします。3歳児以上の子どもは、大好きな職員と一緒に「ケーキ屋」または「花屋」に、自分のための特別なプレゼントを買いに出かけ、クラスでお祝い会をおこないます。年に一度の誕生日は全園児一人ひとりの特別なお祝いの日なのです!

遠足

幼児クラスでは、遠足も子どもたちと一緒に計画します。普段の遊びの中で感じた興味や好奇心をもとに、子どもたちがそれを見たり調べたりできる場所を考えていきます。例えば水族館や動物園などが挙げられ、行く目的を子どもたちがプレゼンします。その準備も子どもたちが行い、ワクワクしながら遠足を創造しています。

運動会

日常の運動や遊びだけでなく、去年の運動会のビデオ・流行りの曲などから子どもたちの興味や意欲などを観察します。そして、子どもたちに「何がやりたい?」と投げかけ、時には遊んでいる時の写真も使いながら子どもに対話を促していきます。子どもたちが自分たちの運動会をつくる、子ども主体の運動会です。

お泊りキャンプ

お泊りキャンプは、絵本などの魚やキレイな石などがきっかけになって話題になります。子どもたちと話し合って場所を決めるため、園内お泊りも含め行き先は様々。出かける場合は、子どもたちと一緒に現地の下見に行きます。下見に行くと具体的なイメージが湧き、準備や遊びのアイディアが次々に出てきます!

INTERVIEW 各園長の紹介

INTERVIEW

01

おおた みんなの家

渡部 ひろみ

45歳/保育歴15年

  • 趣味

    読書・気ままな料理

  • 好きな食べ物

    トマト・パクチー以外

  • 苦手な食べ物

    トマト・パクチー

保育で特に大切にしていること

常に『子どもにとってどうなのか』を軸にして考えること。大人も一緒に楽しむこと、共感し合える関係性を大切にすること。

職員に対して特に意識していること

一人一人の特性の把握をすることや、小さな変化にも気づけるように雑談を大切にすることです。

新卒がつばさに合っていると思う点

何が分からないかが分からないという状況でも、一つずつ経験を積み重ねることで安心して知識とスキルを身につけていくことができます。また、それぞれの特性に応じた形で、育成計画を個別に組み立てていきます。

既卒の方で保育のこんな点で
悩んでいる方はつばさにピッタリだと思う点

子ども主体って何?という無限ループにはまっている方、大人都合なのでは?という疑問をもちながら保育をしている方、また、多様性を認め合いながら働ける環境を求めている方が向いているのではないかと思います。

園の自慢

園名のとおり、卒園後もふらっと立ち寄れるそんな家のような場所でありたいという願いをもっています。最寄り駅から徒歩5分圏内、電車好きには嬉しい立地と広い公園を園庭代替として利用ができる恵まれた環境です。子どもだけではなく大人も一緒にやりたいことにチャレンジして実現できる場所です。

×
閉じる

INTERVIEW

02

南馬込第二保育園

椿田 滋史

44歳/保育歴14年

  • 趣味

    バイクで買い物、野球観戦、服探し

  • 好きな食べ物

    レバー、豚汁、鯖の塩焼き

  • 苦手な食べ物

    パクチー、ゲテモノ

保育で特に大切にしていること

「何で?」という疑問を持ちながら子どもと関わること。子ども一人ひとりの考え方や世界観の違いが楽しく見えてきます。

職員に対して特に意識していること

良い意味での「期待をしない」こと。
いろいろな考え方に出会え、自分自身の行動変容にも繋がり、子どもと同じよう職員の育ちも楽しみ過ごしています。

新卒がつばさに合っていると思う点

いろいろな職員と多角的に子どもについて考えていけるので、不安なことや保育の楽しさを沢山の保育者とシェアできる。自分にもできることがちゃんと見つけられる居場所があります。

既卒の方で保育のこんな点で
悩んでいる方はつばさにピッタリだと思う点

「子ども主体の保育」についての様々な考え方やアイディアを見つけられることができる。答えがないものだけど、いろんな考え方に出会え、人としてより成長できると思っています。

園の自慢

大きく自然に囲まれた園庭では、桜吹雪や夏野菜の栽培、虫探しや雪合戦、季節の遊びを楽しむことができます。

×
閉じる

INTERVIEW

03

幼保連携型
認定こども園こどもの家

中川 康嘉

62歳/保育歴2年

  • 趣味

    音楽鑑賞、楽器演奏

  • 好きな食べ物

    食べられるもの全て

  • 苦手な食べ物

    なし(梨ではありません)

保育で特に大切にしていること

こどもの欲求を早く感じ取り、この子は今何を欲しているのか考え環境を整え、出来ることは全て任せて、出来ないことだけ最小限度援助する。

職員に対して特に意識していること

一度仲間になったからには、その職員のライフプランを考え、少しでも充実した人生を歩んでもらう。

新卒がつばさに合っていると思う点

養成校で学ばれた保育と現場に入られて行う保育とは少なからずギャップが生じ(どの職場でも同じですが)ると思いますが、そこには同じ思いをした先輩が必ずあなたの「頑張り」を応援し励ましてくれる同僚がいるつばさ福祉会です。

既卒の方で保育のこんな点で
悩んでいる方はつばさにピッタリだと思う点

「子ども主体の保育」について更なる勉強がされたい方は、ともに職員と学び知識から見識にそして胆識を身につけられるつばさ福祉会です。

園の自慢

当園は90年という歴史があり、当園を卒園された方が保護者としてこどもの家に関わってくださったり、敷地内に隣接する学童クラブ及びデイサービスをご利用くださったりと乳幼児からお歳をとられた方との交流が活発で、地域に密着した施設であり地域のランドマークです。

×
閉じる

INTERVIEW

04

たまがわ みんなの家

本間 淳二

48歳/保育歴14年

  • 趣味

    読書(マンガもよく読みます)・映画鑑賞

  • 好きな食べ物

    トマト、肉、ほうれん草、白菜、秋刀魚、サバ、酢だこ

  • 苦手な食べ物

    パクチー、赤や黄色の漬物。

保育で特に大切にしていること

「なぜ?どうして?」と探求する視点を常にもって、子どもを見るようにすることで、表に出ている子どもの姿だけではなく、その奥にある気持ちや心の動きを読み取ろうと努めています。大人にとってはやめてほしい「問題」でも、子どもにとってはSOSだったりするからです。子どもの本当の興味や関心を探る場合にもこの視点は役に立っています。

職員に対して特に意識していること

何はなくとも明るく元気な挨拶をするようにしています。あとは、ひたすら話を聞いていますね。とにかくよく話しかけられるので、仕事時間の大半は職員との対話に使っているような。そこで出してもらった意見や提案は頭ごなしに否定せず、尊重するようにしています。子どもも職員も、多様性が大事だと考えています。

新卒がつばさに合っていると思う点

「子ども主体の保育」とはよくいうけれど、それが本当に実現できているところは少ない。つばさ福祉会がめざす本当の意味での「子ども主体の保育」を知ることで、子どもの気持ちに寄り添うことや、子どもと創る保育の素晴らしさを学べます。新卒だからこそ、ここで身につけたこと、感じたことは長い保育人生の基礎になると思いますよ。

既卒の方で保育のこんな点で
悩んでいる方はつばさにピッタリだと思う点

一斉保育やスパルタな保育、大人主導の「やらせる」保育に疑問を感じる方はぜひ。つばさ福祉会の保育は、経験者ほど面白く感じると思います。また、ピアノが必須ではないので、ピアノを弾くのが苦手で保育が嫌いになりそうな人も安心して入れますよ。

園の自慢

二子玉川というと都会のイメージがあるかもしれませんが、意外に緑が多く、すぐ近くには多摩川の河川敷もあり、保育のしやすい環境です。園庭もあります。保育の自由度が高く、しっかり教えてくれる先輩もいるので、安心して働けますよ。土地柄なのか保護者さんも落ち着いた方が多く、園の考え方に理解を示してくれているので動きやすいです。

×
閉じる

INTERVIEW

05

おひさま保育園

野口 香織

39歳/保育歴19年

  • 趣味

    音楽を聴くこと・美味しいものを食べること

  • 好きな食べ物

    お肉・お魚

  • 苦手な食べ物

    きのこ

保育で特に大切にしていること

どんなことでも、子どもたちと同じ目線で楽しみ、悩み、考え、共有すること。先生というよりは、友だちや仲間でいることで、先生と一緒にいると楽しいと感じられるようにすること。「伝える」こと。伝える中にも、子どもたちが自分で考え、行動できるように、手助けすること。

職員に対して特に意識していること

たくさん話し、コミュニケーションをとること。毎日、職員とたくさん話をします。仕事のこともプライベートなことも!話しやすい環境を作ることで、自分の考えが誰にでも伝えやすくなると思っています。

新卒がつばさに合っていると思う点

小さな園舎なので、自分の担任のクラスでなくても、子どもたちのことがよくわかり、1歳から5歳までの子どもの成長発達が、1年目でも自分の目で見て確かめられるところです。

既卒の方で保育のこんな点で
悩んでいる方はつばさにピッタリだと思う点

子ども主体の保育に興味がある方。一緒に学びながら、チャレンジしてみませんか?今までの経験を活かして、活躍の場を広げられます!

園の自慢

とにかくアットホームです!子どもたちはみんな先生との距離が近く、担任の先生でなくても、すぐに顔や名前を覚えてたくさんコミュニケーションをとっています。園庭もありますが、すぐ目の前には広い土手があり、のびのびと体を動かして遊んだり、春夏秋冬、それぞれ季節の植物や虫に触れたり、四季の移り変わりも体感できます!

×
閉じる

INTERVIEW

06

常務理事

渡部 史朗

53歳/保育歴25年

  • 好きな食べ物

    うまいものすべて

  • 苦手な食べ物

    パクチー

つばさ福祉会の歴史

つばさ福祉会は昭和6年に創設され、令和3年度に90周年を迎えます。私たちは「人を大切にする」という思いを形にしてきました。「子どもが愛されていると実感できる関係」や「未来をつくる人が育つ場所」として、どんな職員が、どんな保育や教育を、どんな環境でおこなったらよいか?を常に考えて続けています。

どんな姿を目指していますか?

いつもその場に園があることで、卒園児をはじめ在園児、保護者、職員、地域の人という園に集まる全ての人が安心できて、誰もが幸せになりたいと集まる「心地よい居場所=家のような場所」としてあり続けることをめざしています。だから、私たちは職員みんなが『本気で「心地よい関係」を目指す』OneTeamでありたいのです。

今後の方針を教えてください。

宮崎県の「認定こども園こどもの家」で働いている職員や保護者には、たくさんの卒園児がいます。また、白馬デイサービスセンターの利用者は、その大半がつばさ福祉会の前身になる昭和6年創設の「コドモノイエ」の卒園児でご高齢になった方々です。そのようにこれから東京、福岡でも地域に根ざした園づくりをしていきたいと考えています。

最後にメッセージをお願いします。

つばさ福祉会は、職員も一人ひとり違う「特別な存在」であることを受容して「とても大切な一人の人間」として認め、「心地よい関係」「心地よい居場所」を創造していくことを約束します。
安心して、つばさ福祉会にご入園ください。

×
閉じる

INTERVIEW

07

せんかわ みんなの家

和田 満佐代

50歳/保育歴30年

  • 趣味

    目的のないドライブ・歴史を感じる遺跡めぐりや食べ歩きの旅行

  • 好きな食べ物

    餃子・プリッとしたエビ、もっちりとしたもの

  • 苦手な食べ物

    パサパサしたもの、脂っこいもの

保育で特に大切にしていること

その子を丸ごとみようとすること・その子が感じていること、考えていること、やろうとしていることが見えてきたとき 保育の楽しさを感じます。

職員に対して特に意識していること

保育を楽しむこと。保育現場のプロとして、互いを思い合える温かい人間関係。

新卒がつばさに合っていると思う点

『子どもが大好き』『子どものことをよく知りたい』という思いを中心に仕事ができるところです。

既卒の方で保育のこんな点で
悩んでいる方はつばさにピッタリだと思う点

子ども主体の保育をしたくて出来ない方、興味のある方には、対話保育や子ども主体の保育に とことん取り組める環境。そして それについて語り合う人がいること。

園の自慢

都心で駅近。広い園舎、広い屋上、広いスタッフルーム、季節を五感で感じる園庭、隣接する広い地域の広場、地域の方々との温かい関係、職員がやりたいと思ったことに挑戦すること。

×
閉じる

INTERVIEW

08

いちざき みんなの家

石井 誠

49歳/保育歴14年

  • 趣味

    キャンプ・リアル脱出ゲーム・ボードゲーム

  • 好きな食べ物

    焼肉・果物

  • 苦手な食べ物

    パクチー・干し椎茸

保育で特に大切にしていること

子どもたちの学びの仲間【ラーニングパートナー】として「ワクワク」や「ウキウキ」を一緒に楽しんだり学んだりすることを大切にしています。

職員に対して特に意識していること

園長が主導して仕事をさせるのではなく、職員自身が主体的かつ自発的に仕事に取り組めるような環境づくりを目指しています。また仕事をする上では、何のためにそれをするのかという「根拠」や、それを成すための「創意工夫」を大切にすることを職員には伝えています。

新卒がつばさに合っていると思う点

ピアノが弾けなくても大丈夫、絵が下手でも大丈夫!苦手なことがあってもいい、苦手なことは、それを得意とする仲間がフォローします。自分の得意を活かして、様々なことにチャレンジできる法人です! 「One for all, All for one.」の精神をもって、お互いを支えあいます。

既卒の方で保育のこんな点で
悩んでいる方はつばさにピッタリだと思う点

当法人のHPを見て、「やってみたい!」「こんな保育がやりたかった!」と思った方、できます!あとは、あなたが「やるか」「やらないか」だけです!

園の自慢

利用者や見学に来られた方が必ず仰る一言「子どもが伸び伸び、活き活きとして遊んでいる」こんな日常が、いちざきみんなの家には溢れています!でもそれは私一人の力ではつくり出せません。職員はもちろん、子どもたちや保護者のみなさん、地域のみなさんと一緒になってつくっている園だからだと自負しています。

×
閉じる

INTERVIEW

09

さいと みんなの家

安武 由紀子

43歳/保育歴17年

  • 趣味

    美味しいものを食べて飲む、音楽を聴く、野球観戦、ドライブ、娘とおでかけ

  • 好きな食べ物

    豚骨ラーメン、納豆、魚介、鶏レバー、牛タン

  • 苦手な食べ物

    セロリ、パセリ、パクチー

保育で特に大切にしていること

一人ひとりを大切にすること、寄り添うこと。子どもにとって嬉しい存在でありたいと思っています。

職員に対して特に意識していること

寄り添うこと。たくさん話をして、良いところを認めて伝えていきたいと思っています。そして、余計な気遣いをせずに関われる、身近な存在でありたいと思っています。

新卒がつばさに合っていると思う点

子どもが好き!こんな保育者になりたい!という夢を叶えられる場所だと思います。人間関係や労働条件の悪さに悩むことなく、保育士としてのスタートを切ることができます。

既卒の方で保育のこんな点で
悩んでいる方はつばさにピッタリだと思う点

もっと一人ひとりと丁寧に関わりたい、自分の思い描く保育ができない、子どもたちと一緒に楽しいことしたい!と思っている方には、ピッタリだと思います。

園の自慢

とにかく人間関係がいい!大変なこともありますが、職員みんなが思い合える風土があります。それがよい保育にも繋がっています。線路も近く、周辺には公園や海、警察署や消防署もあるので、気候がいいときにはよくお散歩に行っています。電車でおでかけすることもありますよ!

×
閉じる

MERIT 働くメリット

大人(職員)同士の仲がいい
年間行事が少ない
ノンコンタクト・
タイム制度
ピアノが弾けなくても、
運動が苦手でもOK!
エプロンは無し!
私服で保育!髪色も自由!
全国の保育者・保育学生のお悩みを解決している
実績がある!
職員想い!業界トップ
クラスの福利厚生!
安心の相談体制
離職率が低い!
悩みに共感する
先輩がたくさん!
つばさ独自の
住居借り上げ制度

大人(職員)同士の仲がいい

対話やコミュニケーションを保育の軸としているからこそ、とにかく職員同士の仲が良い!見学に来るとそれが良くわかります!

年間行事が少ない

日々の活動は、子どもたちの「これがやりたい!」で決まっていきます。その為、形式的な年間行事が少ないのが特徴です。子どもたちの主体性を大切にしたいから、保護者に見せるためだけの行事や職員による壁面装飾も一切おこないません!

ノンコンタクト・タイム制度

令和3年度より「ノンコンタクト・タイム制度」を実施予定。1日1時間の休憩のほか、30分の事務作業時間を設定し、職員同士でタイムシェアも可能に!残業低下や時間有給休暇の取得などを一層促進しています!

ピアノが弾けなくても、
運動が苦手でもOK!

対話保育で大切なのは子どもの興味を引き出し、見えない声を聴く観察力。苦手なことがあっても、他に自分が得意なことを活かして興味を引き出してあげれば大丈夫!みんなで支え合っていく、そんな風土がつばさ福祉会にはあります。

エプロンは無し!
私服で保育!髪色も自由!

私たちの園は「みんなの家」がコンセプト。家でずっとエプロンを付けている人はいませんよね?保育者さん一人一人の自分らしい保育を追求しています。先生である前に『子どもに信頼される大人』でありたい。だから当法人の職員は『◯◯さん』と呼んでいます。

全国の保育者・保育学生の
お悩みを解決している
実績がある!

公式のInstagramで保育者お悩み相談メディア「つばさクラブ」を運営中。日々の保育お役立ち情報の投稿や、専用LINEで個別に悩み相談が可能!人と人との対話を大切にするつばさ福祉会ならではの取り組みです。

職員想い!業界トップクラスの福利厚生!

業界トップクラスの賞与等5ヶ月以上を支給(年度末手当を職員に還元)します。罹患休暇や団体健康傷害保険の加入、子どもの看護休暇など、安心して働き続けられる制度を用意。他園にはない積立金制度を3種類も整えているので、ママさん職員が多いのも特徴です。

安心の相談体制

勤めているうちに悩みや不安などができてしまった場合でも、つばさ福祉会は安心です。園長先生以外にも法人責任者に直接相談できるなど、必ず悩みや不安を解消できます。職場内の人間関係が気になって相談できないようなことでも、相談にのってもらえます。

離職率が低い!悩みに共感する先輩がたくさん!

どのクラスも複数担任制で、職員同士のコミュニケーションが活発です。対話しながら自由に保育をできる、一人で悩まずに済む環境が整っています。先輩たちも保育で悩んだり迷ったりしたことを、みんなで対話して解決してきた経験があるので共感性がとっても高いんです!

つばさ独自の
住居借り上げ制度

賃料はもちろん、入居時の敷金や礼金などの費用も法人が大きく支援します!

遠方からでも安心してひとり暮らしできるから、地方出身の職員がたくさん在籍しています。外国人保育士も在籍しています!※規定あり。詳しくは求人票をご覧いただくか、面接時にご確認ください。

FAQ よくある質問

面接の前に見学してみたいのですが…
もちろん大丈夫です。実際に来園しても、オンラインでもOK。まずは実際の保育や働く職員を見てから面接に進んでいただく流れをおススメしています。
すぐには働けないのですが…
来年度採用も受付していますので、是非ご希望の入職時期を教えてください。
資格は持っているけど現場経験がないのですが…
未経験者も大歓迎です。またブランクがある方でも大丈夫。全クラス常勤保育士が複数配置になっているため、一人で仕事を担うことはありません。
以前の園で人間関係に悩んで辞めたので不安があります。
他園で上手くいかなかった方でも、つばさ福祉会では長く働いていただいている職員がたくさんいます。一般職員から主任を経て園長になった人が多く、また「心地よい関係をつくる」が合言葉の職員関係ですので、安心してお仕事をしていただけます。
対話保育は子どものワガママを助長するのではないですか?
子ども主体の保育では、子どもはワガママを言いません。対話保育では、子ども同士、子どもと大人、それぞれが対等に思いや考えを伝え合い、一緒に考えていくからです。相手も自分も尊重し、お互いに心地よくなることが大好きな子どもたちが育っています。
どんな福利厚生がありますか?
当法人は「一人一人を大切にする」と決めて、そのためにできることをみんなで考え合う法人です。だから、業界No.1と言えるほどの福利厚生を充実させています。職員が安定し安心して保育できることが、園児の安定や安心の源です。詳しくは、求人や見学説明会でも紹介します。
新卒でも対話保育を行えるのか少し不安があります…
主任や副主任が日々の仕事を指導し、不安や迷うことなどをフォローします。また、子どもとの対話を軸に保育を創っていくので、新人であれベテランであれ「これが正解」というものがなく、新人であっても意見や考えを尊重してもらえます。
以前、書類が大変で辞めてしまったので今回も不安です…
当法人では、書類を作る時に悩む場合はすぐに相談できる雰囲気を大切にしています。戻しが発生するのは、私たちの日々の教え方が足りないから、主任や副主任にそんな考え方がしっかり根付いていますのでご安心ください。
遠方に住んでいますが応募は可能ですか?
もちろん可能です。賃料はもちろん、入居時の敷金や礼金などの費用も法人が大きく支援します!遠方からでも安心してひとり暮らしできる体制を整えています。
※規定あり。詳しくは求人原稿をご覧いただくか、面接時にご確認ください。
子どもがいても働けますか?
産休・育休制度はもちろん、育休後も「なかなか子どもが保育園に入園出来ず仕事に復帰できない」という場合には、法人独自の待機児童対策として、そういった職員の子どもを一時預かりする制度もあります。育休明けには時短で働くこともできますよ。
月の平均残業時間はどのくらいですか?
会議や研修をおこなうため、月平均で7~10時間程度です。当法人は『サービス残業』も認めておりませんので、残業については適正に申請していただいたものは全て支給いたします。もちろん、ノー残業を目指して職員配置数の拡充も進めています。
保育学生です。実習を受けたいのですが可能ですか?
保育者を目指す学生の皆さんの保育実習を受け入れていますので遠慮なくお問い合わせください。コロナ感染症対策をおこないながら実習機会を保障します。通信制で通学している方で、実習先にお困りの学生さんも遠慮なく相談ください。
既卒です。つばさ福祉会はどのような保育をしたい方に合っていますか?
書類や行事、カリキュラムやイベントに振り回されず、日々の保育にじっくり取り組みたい方に合っていると思います。仲間と対話したり試したりしながら、職員がお互いの良さを活かし合う当園で一緒に働いてみませんか?

求人一覧はこちら!